借金一本化

MENU

借金一本化【まとめるメリットをお教えします!】

借金一本化に不安を感じるかもしれませんが、債務整理のようなデメリットはなく、基本的には、メリットしかありません。
今ある借金を1つにまとめるだけの手続きですので、誰でも簡単にローンの負担を軽減できます。
借金一本化と債務整理の違いを理解し、ローンのおまとめを検討してみてはいかがでしょうか。

 

まず、債務整理というのは、返済が困難、あるいは、できなくなった借金の返済を免除してもらったり、減額してもらったりする手続きです。
借金の返済を減免してもらうわけですから、一定期間は、新たな借金ができなくなるなどのデメリットがあります。
しかし、借金一本化は、ローンの借り換えをするだけですので、デメリットはありません。
むしろ、ローン金利の負担が軽減できたり、毎月の返済額が減らせるなどのメリットがあります。

 

たとえば、複数の消費者金融からの借入れがあり、銀行のカードローンで借金一本化をすると、毎月の返済額が少なくなり、金利の負担も少なくできる場合があります。
銀行カードローンには、総量規制の問題もありませんので、年収の3分の1を超える一本化にも対応できます。
年率17%〜18%の借入れをしているなら、銀行カードローンで借金一本化をすれば、返済額の総額も減らせるようになります。

 

借金一本化をする場合は、いわゆる「おまとめローン」ではなく、一般のカードローンを選ぶようにします。
おまとめ専用のローンを利用することもできますが、追加融資が受けられない点に問題があります。
返済中に新たな借入れが必要になるかもしれない場合は、限度額が多いカードローンでまとめるのがポイントです。

 

また、借金一本化に保証人や担保が必要と考える方もいますが、基本的には、必要ありません。
通常のカードローンと同じように申し込めますので、本人確認書類があればまとめられます。
収入証明書なしで利用できるカードローンを選び、毎月の負担を少なくしてみてはいかがでしょうか。

更新履歴