借金一本化

MENU

自営業の借金一本化、注意点とは?

自営業の方が借金一本化をする場合は、
 1.できるだけ早く済ませること
 2.総量規制を理解すること
 3.収入証明書が必要になる金額を確認すること
の3点に注意してください。
自営業だからといって借金一本化に不利になることはありませんので、まずは、3つの注意点について確認するようにしましょう。

 

■借金一本化は急いで済ませる!

 

借金一本化するかどうかで迷っている人がいますが、自営業かどうかに関係なく、できるだけ早く済ませるべきです。
借金一本化することで、カードローンの金利負担が少なくなり、毎月の返済額も減らせるからです。
債務整理のようなデメリットもありませんので、今すぐにでも借金一本化に取り組むべきではないでしょうか。
なお、現在の借金の返済に延滞が多くなってしまうと、一本化の審査に通らなくなることがあります。
一本化はできるうちに済ませる、という点を重視するようにしましょう。

 

■一本化するなら総量規制対象外で!

 

借金のおまとめは、基本的には、総量規制対象外カードローンを利用します。
総量規制というのは、自分の年収の3分の1までしか借入れできない、というものです。
年収300万円の自営業者は、現在の借金と同額を借りることになりますので、150万円までの借金一本化しかできないことになります。
自分の年収の6分の1超の借入れがある方は、必ず総量規制対象外の銀行のカードローンを選んでください。

 

■借金一本化で収入証明書が必要になるときとは?

 

借金一本化の手続きでは、収入証明書が必要になる場合があります。
プロミスやアコムのような消費者金融では、
 1.一本から借入れで借金総額が100万円を超えるとき
 2.50万円超の融資を受けるとき
の2つの場合に必要になります。
確定申告書の写しや納税証明書の提出が難しい方は、条件のゆるい銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。
銀行ごとに基準が異なりますが、最高300万円までなら証明書なしで一本化できるでしょう。