借金一本化

MENU

借金一本化のデメリットとは?

借金一本化のデメリットを心配する方がいますが、基本的には、メリットはあってもデメリットはない手続きです。
一本化にデメリットがあるとすれば、新たにローンの審査を受けなければならないことです。
場合によっては、収入証明書類を用意したり、保証人や担保を用意しなければならないこともあります。
しかし、書類なし、担保や保証人なしでも申し込めますので、デメリットの回避方法を確認するようにしましょう。

 

■収入証明なしで一本化する方法!

 

収入証明なしで借金一本化するには、まずは、「おまとめローン」ではなく、一般のカードローンを利用することです。
おまとめローン専用のサービスは、収入証明書の提出が必要になることがほとんどです。
源泉徴収票や所得証明書、確定申告書の写しなどの用意に時間がかかりそうな人は、いわゆる「おまとめローン」ではなく、一般のカードローンを利用するようにしましょう。

 

■担保や保証人なしで借金一本化するには?

 

おまとめローンではなく、一般のカードローンを利用すれば、担保や保証人も必要ありません。
中小の金融機関ではなく、大手の銀行が提供しているカードローンがおすすめです。
担保や保証人が必要ないのはもちろん、総量規制の問題もありません。
年収の3分の1を超える借金の一本化にも対応できますので、銀行カードローンを中心に申込み先を検討してみてはいかがでしょうか。

 

■銀行のカードローンがおすすめ!

 

銀行のカードローンなら、証明書不要、担保や保証人なしでの申込みが可能です。
100万円以下の借金一本化なら、バンクイックやレイクなどの人気カードローンでもまとめられます。
100万円を超える場合なら、みずほ銀行や三井住友銀行のカードローンがおすすめです。
銀行ごとに基準が異なりますが、200万円〜300万円以下なら証明書不要としているところがほとんどです。

 

なお、借金一本化をするためには、改めて審査を受けなければなりません。
借金の延滞が多くならないうちに手続きを済ませ、まとめられるうちに借金を1つにするのがおすすめです。