借金一本化

MENU

借金一本化を実現するための3つの条件

複数の金融機関の借金がある状態では、毎月の返済の管理も難しく、返済忘れなどのトラブルも増えます。
借金は1つにまとめた方が管理もしやすく、負担も減らせます。
借金一本化をするためには、
 1.ローンの申込み条件をクリアしていること
 2.必要書類が用意できること
 3.できるだけ早く申し込むこと
の条件が必要になります。
すべての人が借金一本化に成功できるわけではありませんので、ポイントとなる条件を確認するようにしましょう。

 

■借金一本化の申込み条件とは?

 

カードローン会社ごとに異なっていますが、申込みにあたっての条件があります。
基本的には、年齢や安定した収入があること、などが条件ですが、アルバイトやパート勤務の方でも借金の一本化は可能です。
また、消費者金融で借金をまとめようとする方は、借入後の残高の合計が年収の3分の1を超えるかの確認が必要です。
消費者金融からは、年収の3分の1を超える融資が受けられませんので、残高が多い方は、銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

■必要書類が用意できるか?

 

借金一本化に必要な書類は、本人確認書類と年収証明書類の2つです。
本人確認書類は、運転免許証や健康保険証を用意すればいいですが、年収を証明する書類が用意できない方もいると思います。
源泉徴収票などの用意が難しい方は、提出要件がゆるい銀行のカードローンがおすすめです。
300万円までなら収入証明書不要で借金一本化できる銀行がありますので、その中からローンを選ぶようにしてください。

 

■借金一本化は早めに実行!

 

借金一本化ができなくなるのは、借金の返済が難しくなり、延滞が多くなった場合です。
延滞ばかり繰り返している状態では、ローンの審査にとおりにくくなりますので、できるだけ早く申し込むことが重要です。
アルバイトやパート勤務の方、個人事業主の方でも1本化に成功していますので、早めに金融機関を選び、1つにまとめてしまうのがおすすめです。