借金一本化

MENU

借金一本化の審査基準

消費者金融や銀行カードローンなどの借金一本化が初めての方は、手続きそのものに不安を感じていると思います。
「審査にとおることができるのか?」「本当にメリットがあるのか?」など、頭の中に不安がよぎっているのではないでしょうか。
基本的には、カードローンの審査基準と大きく異なるものではありませんので、そのポイントについて確認するようにしましょう。

 

■一本化の審査に申し込める人とは?

 

まず、おまとめローンには、それぞれ金融機関が定めた「申込基準」というものがあります。
年齢や年収の有無、その他について、すべて条件を満たしている必要があります。
しかし、だからといって「アルバイトやパートではダメ!」というものではありませんので、あまりあれこれと考えすぎないことも重要です。
アルバイトやパートでも「安定した収入」があれば申し込めますので、前向きに借金一本化を検討するようにしましょう。

 

■総量規制と審査の関係について

 

消費者金融で一本化を検討している方は、総量規制の影響に注意する必要があります。
総量規制は、「年収の3分の1を超える融資を禁止する」というものですので、年収300万円の方は、100万円が上限となっています。
つまり、年収300万円の人がすでに合計50万円の借入れがあると、一本化のための融資が50万円までしか受けられないということです。
借入残高が多い方は、総量規制対象外の銀行のカードローンを選ぶようにしましょう。

 

■結果が分かるまでの期間について

 

借金一本化の審査は、できるだけ早く回答がある金融機関を選ぶのがおすすめです。
一部の銀行では、審査結果の回答が得られるまでに1週間近くかかるものもあります。
最短即日〜2、3日程度で結果が分かるローンを選べば、審査を待っている間のイライラもありません。
300万円以下なら収入証明書不要で申し込めるローンがありますので、できるだけ早めに一本化の手続きを済ませましょう。